TEAM BURST MASTER公式ぶろぐ

Progressive -革新主義者-

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

D1富士 クラッシュ

【8月09日 天候 記入者:杉ちゃん】


私が初めて見に行ったレースのD1GPで、衝撃的だったシーンですね
当方ブログにリンク許可して下さったGP SPORTS様の会社員であり、
D1ドライバーである川畑真人選手VS斎藤大吾選手の対戦
振り返るとしましょう…
この 2007年 D1GP in 富士 で起きたD1史上最悪のクラッシュを目の前で目撃し、
チームメイトであるGeneral Archer君とその友人、そして私の3人で行きました
その時はD1は勿論、ドリフトを初めて見た為、結構見入っていたのを覚えています
そして、朝の走行から、
杉「あの青いS15結構良いねぇ!」
とか言っていまして、初のピットウォークでは、選手の人気など知らず、
熊久保選手、川畑選手の2人にサインを貰いました(笑)
(※思えば、この二人がシリーズを争うとはww)
川畑選手のサインを貰っているシーンが、旧TOYOTIRES様のCMい映っております
要するに、TOYOTIRES様のCMに出演☆
さて、そんな訳で追走を見ている時に、あまりに早い動きに目を疑いました
先ほど、ピットウォークの時に見た川畑選手が浮かび、大丈夫なのか?と…
そして、MCのマナP(鈴木学氏)とドリキン(土屋圭市氏)のリアクションから、
とんでもない事が目の前に起こっているのだと…
実際、指定席側までパーツらしき物が近付いてましたし、
動転して、変にテンションあがってましたが、ただ単に状況理解出来ずにパニクッただけですw
聞けば、斎藤大吾サイドでイン側の野草にタイヤを乗せ、イン側のグリップが抜けて
そのまま川畑選手側にアンダー気味に接触したのだと。
そして、川畑選手は川畑選手で、審査団の審査に不満があり、
サドンデス前にキレていたそうです
DVD内でも、斎藤大吾に向けてグーで殴る様なしぐさを見せて、
審査団に向け、ガッツポーズで、審査の不満から文句をつける形でしたし、
まぁ私から見ても、あれは圧倒的に川畑選手の勝ちでしたね
その矢先の事故でしたから、相当本人も悔し勝ったと思います
その事故後、珍しいD1車両による石灰飛ばしがあり、レース自体は1時間遅くなり、
終了が17時をゆうに過ぎていました
そして、末長正雄VS(故)黒井淳史選手との戦い、
私にとってのD1デビューは壮絶なものでした
今度、D1富士最終戦に行くかも知れませんね(笑)
デワ、またまた
スポンサーサイト

| D1GP | 20:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。