FC2ブログ

TEAM BURST MASTER公式ぶろぐ

Progressive -革新主義者-

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

計画

【3月20日 天候 記入者:杉ちゃん】

押しも押されぬこのブログ…。
一生こんな感じでもいいですね
さて、2本立てでお送りしております
こんばんわ杉ちゃんですdb
この私、何を隠そう「日産党」
で、将来乗る車も大体決まっているんですね
・日産 180SX(RPS13)後期型
・日産 SILVIAS13~15
・日産 180SX × SILVIAS13(通商ワンビア)
後は例外車種として、
・LEXUS IS350
ですね。
日産の方は「走り屋」の定番車種
どれも「SR20DETT」のターボなんですね。
でも、この「SR20DETT」熱に弱いのなんのって。
将来的には「ドリフト」の方に走りは向いて行くので、エンジンは大切。
SRにすると、「夏場の熱対策」が必須(夏場はどの車種も必須です)

まず、純正サーモスタットをローテンプサーモスタットへ変更
ローテンプサーモ(GT-1製)71度開弁が80%位開いても
純正(76.5度)は閉じたまま。
完全に開いたときの通路の大きさもローテンプサーモの方が広い
冷却水を早く&スムーズにラジエターに流しはじめ、
温度上昇をある程度緩やかにする為。

2に、ラジエターはレベルによっても変わるけど、
最初は2層辺りがいいかな!?
上級者レベルになったら「KOYORAD」の銅3層ラジでも入れる予定。
ダウンフローとサイドフロー、ターンフローもあるから、そこも考えないと。

3は、クーリングファンの流用。
とりあえず、ECR33の補助電動ファンかS14補助電動ファンのどちらかを流用
S14の方はスイッチ設定で常時回転も可。
あとは「効率」よく空気を取り込む為に導風板も固定。
あるとなしだと、7度も水温が変わるから大切
下廻りは、アンダーカバーとか装着してオイルパン防御も兼ねて装着予定。
エアコンコンデンサも外す予定。
これも、あるとなしでは15度も変わる。
後は「エア抜き」をしっかりと行う事。
コレをやらないとエンジンがもたないからね。
一応タンク内も「LLC」に変更
LLCの濃度でも水温は変わってくるからこれもしっかりと行う。

そして、一番大切なのが「ガスケット」
純正のガスケットだとガスケット抜けが心配になる。
「ガスケット抜けの症状」
・冷却水がやたらと減る
・排気ガスにLLCの匂いが混じる
・オイルが白濁している
・ラジエターキャップを開けると濁ったLLCが…。
・なかなかエアが抜けない
・走り始めるとすぐに水温が上がってしまう

こんな事が起きないためにも「メタルガスケット」へ
シリンダーにもダメージの恐れあり。
ガスケットも抜け、修理代が馬鹿にならない…。
極限までオーバーヒートすると、冷却水の色が変色。
コーヒー牛乳状態は完全にオーバーヒート。
ガスケットが抜け、オイルと水が混ざった跡です。
こんな事にならない為にも、こまめなチェックが大切ですね。
(一応走り屋予備軍の知恵程度なので、詳しく知っている方いたら教えて下さい)
では、水温系の話はここまでで。
デワ、またまた

| Other | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

あけおめ!!っではなくこんな時間からこんばんわ^^;
僕も死ぬまでってか死んでも生涯日産党です。
僕も将来はSILVIA兄弟の車のどれかに乗るつもりです。
お金があればGT-RのFR改とかにも乗りたいですねー。
ローレルとか、それか例外としてマークⅡ兄弟とかー・・・。
キリが無いですね^^;

嗚呼・・・車欲しいorz
約3年間の我慢です・・・。
でも中学入ってからドリ車を何台かドリドリさせたのは内緒です。(

| eco | 2009/03/21 00:15 | URL |

No title

ECOさん>
あけおめ!ことよろ(殴
日産党ですね^^
GT-Rでしたら、フロントデフ抜けばFRになりますね。(確か)

私も何度か乗っていますが、
一番いいのはカートドリでした。

| 杉ちゃん | 2009/03/21 00:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://teamburstmaster.blog5.fc2.com/tb.php/93-c4635042

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT